輸液を止めて2週間、ちこちゃん頑張りました

先週水曜日。
やっとやっとパパさんが出張から帰宅。
1週間ずっと待っていたちこちゃん。
パパに会えるまでよく頑張りました!
呼吸は落ち着いたまま。
発作も1週間で数えるほど。
輸液は止めたので食欲は少し落ちたものの、なんとか少しでも食べてくれていました。
病院の先生や看護師さんとも話し、結局輸液がいっぱいいっぱいの心臓に水を大量に
入れていた状態だったのではないか...
と、いうことで心臓のために輸液はしない。
強制給餌は、もう飲みこめなくなるまでちょっと頑張る。
という心が決まりました。

あの辛い発作と呼吸の状態になるなら、食べれなくなって徐々に体が弱くなっていく方が
ちこちゃんにとって苦しみが少ないんじゃないかと、苦渋の選択、そして決断です。
でも、もう16歳。
健康なわんこでもそろそろお迎えがきてもおかしくない。
今まで何年も頑張ってきたちこちゃんもそろそろお休みさせてあげたい気持ちです。

延命ではなく、見守る。
この見守るということがこれほどまでに難しいこととは。
食べれないのなら何とか一口でもと思ってしまう。
輸液したら楽になるんじゃないかと今でもよぎる。
何もせずに見ることがこんなに辛いなんてね。

それでも、ちこちゃんとの時間は穏やかです。
ずっとお天気が良くて、日向ぼっこや抱っこしてお散歩したり。
静かに眠る時間も多く、パパさんが帰ってきてからは私もちこちゃんも
夜中にぐっすり眠れるようになりました。

いっぱいいっぱい写真を撮りましたよ。

DSC_9422.jpg

DSC_9433.jpg

ウッドデッキで毎日日向ぼっこ

DSC_9439.jpg

DSC_9434.jpg

パンジーやビオラがきれいに咲いています

DSC_9441.jpg

タオルを敷くといつも座ってブラシされるのを待っています

DSC_9442.jpg

DSC_9443.jpg

優しいお顔です

DSC_9456.jpg

いつもの席に一人で座り

DSC_9469.jpg

ちくちくの隣で見ててくれます

DSC_9472.jpg

窓を開けると外を見てたり

DSC_9576.jpg

夜ご飯の時には味見係りとして顔を出してくれます

DSC_9481.jpg

DSC_9485.jpg

パパさんとやっと会えたのは水曜の夜遅く。
眠っていたので興奮することなく迎えられました。

DSC_9486.jpg

ぐったりとしていたちこちゃんにお別れを言って出張に行ったパパさん。
また3人で手をつなぐことができました。

DSC_9493.jpg

新しいお洋服を出すと、お散歩に行くんだと膝の上にのってきます

DSC_9505.jpg

かばんに入ってお散歩も

DSC_9509-1.jpg

DSC_9504.jpg

つつじが今満開です

DSC_9588.jpg

土曜日は久しぶりにパパさんと3人でお散歩

DSC_9595.jpg

公園で遊びました

DSC_9599.jpg

帰りはかばんにはいってらくちんコース

DSC_9524.jpg

キドナはまた少しだけ飲ませつつ、夜は手羽中を焼くとキッチンにやってきて
そこで夜ご飯が終わりました。

DSC_9527.jpg

ぐっすり眠り

DSC_9545.jpg

また日向ぼっこして

DSC_9587.jpg

いいお顔です

DSC_9601.jpg

DSC_9562.jpg

かわいいです

DSC_9626.jpg

こんな日が

DSC_9631.jpg

もうちょっと続くと思っていました

DSC_9629.jpg

DSC_9630.jpg

朝ごはん用に焼いたスコーンを味見していたら、
ちこちゃんが久しぶりにガツガツっと食べてくれました。
お肉以外で久しぶり。
笑いながらおいしく食べていました。

これを最後にちこちゃんの食欲がなくなりました。
昨日は夜にお肉を一口だけ。
キドナも吐いてしまいます。
下痢もさっききました。
無理にキドナを飲ませるとダメなようです。

DSC_9636.jpg

今日はもう何も食べようとしません。
お水を飲むのもやっと。
お昼に少し起きたっきりずっと眠っています。

DSC_9651.jpg

ちこちゃん、もうおいしいは卒業したの?

DSC_9654.jpg

無理に栄養を与えても体が受けつけなくなってきているようです。
もう何もあげられなくなってしまったかもしれません。
毒素が回ってるせいで、お口から悪い匂いが強くなりました。
これでは何を食べてもおいしいはずがない。

2年7か月毎日していた皮下輸液。
それをやめて2週間。
もうそろそろ限界のようです。

ゆっくりゆっくりの呼吸で
静かにずっと眠るちこちゃん。
あとは神様に任せて、本当に見守る時が来たようです。
悲しいけれど、もうじゅうぶん。

こんなに幸せをくれたから、
こんなに奇跡をくれたから、
もうゆっくり休もうね。

どうか穏やかな時間が過ぎますように。
あたたかく見守っててくださいね。

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

No title

何もしないで見守ることの難しさ、辛さ。
よくわかります。
本当はとても悲しくて苦しいけれど、
その選択をされたちこままさんの深い愛情を感じます。
その選択がちこちゃんにとっての「一番」ですものね。
どうかこのまま穏やかに穏やかに。
ちこままさんとパパさんとちこちゃんの時間が流れますように。
祈っています。

No title

辛いですね~・・・
段々弱っていく姿を見るのは・・・
良かれと思ってしたことが、受け付けてくれないことも・・・
今の穏やかな時間が、少しでも長く続いてほしいですね
祈っています。

パールどんも何とか食べて欲しくてミルクを飲ませたのですが・・
飲んでくれなかったですよ。

No title

辛いけど、3人の決断が一番良いのだと思います。
穏やかな幸せが、少しでも長く続くように
お祈りしてます。

No title

ずっとずっとちこちゃんの様子をブログで拝見してて、
特に前回のちこちゃんとのお花見、数年前の自分を思い出してました・・
もう何にもできないけど、お花の匂いなら伝わるかなぁ?って思いながらお散歩したりして・・・
何もできないって辛いですよね。
でも、ちこちゃん、穏やかなお顔してますね。
いま生きててそばにいられること。
これが大事なんだと思います。
こういう日が少しでも長く続きますように。
みんな穏やかで過ごせますように・・・
祈ってます。

ちこちゃん、とっても優しいお顔していますね。桜もつつじも見ることが出来て一番良い季節を大好きなパパさんとママさんと一緒に穏やかに過ごしているからかもしれませんね。
無理をしないさせない事はちこちゃんにとって大事な事だと思います。
これからも穏やかな優しいゆっくりとした時間を過ごしていけるように祈っております。

すみません、上のコメントはmarumamaでした。

No title

北海道ではこの初夏に雪が降ったそうですね。
そちらも寒いのではないですか?

ママさんもパパさんもお体お大事にされてください。

そして。。ちこちゃん。
がんばっていますね、ちこちゃんのことを思うと涙が出ます。
とってもかわいいちこちゃん、苦しまないように
神様にお祈りしています。

No title

ちこちゃんがんばったね。
かわいい笑顔と優しい気持ちを、ありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ツイートの方で、ちこちゃんの笑顔を見ていたら涙があふれてしまいました。
頑張りましたね。
病気をかかえての16歳 ちこママさん・パパさんの献身的なお世話があってのことだと思っています。

ちこちゃんのご冥福をお祈りいたします。

素晴らしいです。

どれだけ苦渋の決断だったか。。。
考えるだけで胸が締め付けられます。
今も休憩中に涙が・・・。
穏やかな時間が流れますように。
それだけを祈ります。

ちこちゃんありがとう。

Twitterで夫が出会ったちこちゃん。
「笑顔がかわいいんだよ」と
私に教えてくれました。それから
私もちこちゃんの優しいが大好きに
なりました。今は悲しくて涙が溢れて
とまりません。

ちこちゃん。
お空から優しい笑顔パワーおくってね。

パパさんママさん。
ちこちゃんの優しい笑顔を見せて
くれてありがとうございました。

No title

ちこちゃんのお冥福をお祈りします。
ちこちゃんもママもパパも強い絆で頑張りましたね。
ブログを見られない間とっても気になっていました。
最後の瞬間まで笑顔だなんて、・・・私は涙が止まりません。
非公開コメント

プロフィール
ちこちゃん...マルチーズの女の子  2000.5生まれ  本名   もっち    体重 2.5㌔  食いしん坊で甘えん坊。 自分を人間だと思ってる。 心臓のお薬飲んでます。 2013年に慢性腎不全に。 今は毎日お家で皮下輸液治療をしています。 2016年6月6日 16歳でお空に旅立ちました。
http://blog-imgs-44.fc2.com/c/h/i/chiko0513/20110515013743e45.jpg

ちこまま

Author:ちこまま

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
チクチクのお店を開いています。写真をポチットな。↓↓↓↓↓↓ 1ドールハウス冬