スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちこちゃんと一緒にゴールテープ切りました

昨日は読んでいただきありがとうございます。
あたたかいコメントもたくさんありがとう。
お一人ずつ返事ができるかまだ分かりませんが、しっかりとありがたく読ませていただいております。
そして、一緒に泣いてくれた方もありがとう。
きっと頑張ったちこちゃんも

「どう!!私頑張ったでしょ!!!」って誇らしげに言ってるような気がします。

今日は、ちこちゃんの最期の時を綴りたいと思います。
そんなの辛くて読めないよ...
そんなの見たくないよ...
そう思う方も多いと思います。

実際、私もちこちゃんの病気でいろいろ調べていた時に、
たくさんの同じ慢性腎不全の子
僧帽弁閉鎖不全症の子のブログを読みました。
一生懸命闘って頑張った子と、それを支えていたママさんの日々。

悲しいことにいつも最後には天使さんになっている子が多かった。
その度に涙しました。
辛くて怖くて読むのを止めたこともあります。

だから、読みたくない方はこのままお別れでも全然大丈夫。

でも、こうなって思うことが一つ。
いろんな知識のおかげで、ちこちゃんを抱きしめて看取ることができました。
黒いうんちが出たらもう危ないって知っていたからこそ、すぐに抱っこできました。
知らなかったら危うくタオルなどを用意してるうちに...ってこともあったかもしれません。
我が子の最期をなんとなく感じることもできました。

天国に行った子達に教わったんです。

なので、綴るのは辛いけど、
もし誰かが不安で泣いているのなら、ちこちゃんの頑張りが役に立ってほしい。
こんな子もいたよって一瞬でも思い出してほしい。

そう思って書いています。

亡くなった子の写真を撮ることも、写真を載せることも、今まで抵抗があって
目を伏せていました。
でもね、ちこちゃん笑ってるんです。
本当に笑ってるんです。
ちこちゃんのこんな安らかなお顔を見たら、写真を撮らずにはいられなかった。
泣きながら
「ちこちゃん笑ってるよ~」っていっぱいとりました。

そして、たくさんの人にこの安らかなお顔を見てほしくなりました。
一緒に悲しんでくれてる人にちこちゃんの笑顔を見てほしかった。

「泣かないで」ってきっと言ってるんだもん。

本当に安らかで穏やかに笑っています。
いい夢を見て眠っているようです。
かわいいかわいい天使さん。

ちょっと苦しかったけど、精一杯生きたこのお顔は美しいです。

もしよかったら見てあげてください。

長い前置き失礼しました。


それでは昨日の続きになります。

6月6日月曜日

パパさんを見送り、呼吸が早いのと手足の痙攣はおさまらず。
ずっと抱っこしたままソファーに座っていました。
心臓のお薬とお水を少し飲んでくれました。
午前中に一度痙攣もとまり呼吸も落ち着いてぐっすりと眠りました。
あぁ、このまま眠るようにいくのかな...
そのままお昼になり、また呼吸と痙攣が始まりました。
次に舌をペロペロしたら睡眠薬を飲ませて少し眠らせてあげよう。
苦しそうなちこちゃんを抱っこしながら、いっしゅん絶対できないけど安楽死の相談をしようかとも頭をよぎりました。
この状態が何日も続くのなら...
そう思ってた矢先

ちこちゃんがお口をパクパクさせました。
何か言いたげに私の顔を見ながら何度もパクパク。
そして舌をぺろりとしました。
舌はもう斜めにやっと出る状態。
「お水飲もうね」と側に用意しておいたお水と睡眠薬を飲ませました。
ぺろぺろとスポイトから飲んでくれました。

30分くらいたって、痙攣と呼吸が落ち着いてちこちゃんが眠りました。
私もこの間に一緒に眠っておこうかなと体制を変えようとしたときに、
ちこちゃんのお尻の下においた左手に違和感を覚えました。
タオルを見ると

真っ黒なタール状のうんちが出ていました。
あぁ...これが言っていたものだ。
このうんちが出るともう時間は限られてると聞いていたので、
洗面器を持ってきて急いでお尻を拭いてあげました。
汚れるのが嫌いな子。
タオルの上で横になりながら、きれいきれにしてもらってるの見ていました。
でも簡単にで終わらせました。
パパさんにもすぐに連絡。
きっと時間にして5分ないくらい。
タオルごとちこちゃんを抱っこして、私の顔が見えるよう仰向けに赤ちゃん抱っこしました。
ちこちゃんは私の顔をじっと見ていました。
痙攣もなく呼吸も落ち着いていたけど、最期の時が来るのを感じました。
いっぱいいっぱいお別れを言いました。

ありがとうありがとう。
よく頑張ったね。
本当にお疲れ様。
大丈夫だよ、心配いらないよ。
怖くないよ。

その瞬間
ちこちゃんが大きな口を開けて目を開けて何かを吐き出すかのように精一杯の顔をしました。
苦しそうなお顔は一瞬だけ。
すぐに力が抜けて穏やかなお顔になりました。
魂が抜けたんだと思いました。
ふと見ると呼吸が止まっていました。

ちこちゃん!
ちこちゃん!
目は開いているけど、その光が消えていくのがわかりました。

時計を見ると
13時54分

ちこちゃん、ありがとう。
ゆっくりゆっくり眠ってね。
あぁ、ちこちゃんが逝っちゃった...

毛布の上に置いて心臓の音を確認。
すると
ドクン.............ドクン...........
すごくすごくゆっくりと心臓はまだ動いていました。

呼吸は止まっているけど、トクン........トクン.........
まだ目は開けているのでちこちゃんを抱っこしてウッドデッキに出ました。
ちこちゃんの大好きだったお外の空気を吸わせてあげたかった。

ちこちゃんの瞳に青空がうつりました。
ふわっと優しいお顔になりました。
笑って眠るように、目じりが下がり口角が上がりました。
ちこちゃんのいつもの笑顔が戻りました。

お家に戻りもう一度胸に耳をあてると心臓の音はもう聞こえませんでした。

ちこちゃん16年の生涯を終えました。
とうとうきてしまったこの時。
涙が止まりませんでした。
でも苦しそうだったこの何日間を振り返ると、やっと安らかに天国に行けたことに
安堵する気持ちもありました。

最期に口をパクパクしたのは
「おかあさん、もう眠らせて」って言っていたような気もします。
睡眠薬は軽い麻酔。
痛みや苦しみは感じなかったでしょう。
自分でこの時を決めたような気がします。

パパさんに連絡して亡くなったことを告げました。
パパさんは
「あぁ.....そっかぁ....」悲しい声でした。

遠くの現場にいるので夕方までは帰れないというので、
汚れたお尻とお口まわりをシャンプーを付けて洗ってタオルで拭きました。
ドライヤーもかけて、ブラシもしました。

ベッドに寝かせると
本当に眠ってるよう。
とってもいい笑顔です。
かわいいかわいい天使さんです。

ちこちゃんのかわいいお顔をずっと見れるように、
枕を入れて横向きではなくやや正面を向かせました。
固まってしまう前にきれいに整えました。
何気なくやったこのことが、後になってすごくよかったと。
横向きじゃ寂しいでしょ...

DSC_9830.jpg

笑ってるでしょ

DSC_9831.jpg

眠ってるみたいでしょ

まだぬくもりもあり、ぴったりと寄り添っていっぱいおしゃべりしました。

夕方になり
身内や親しい友達にも連絡。
最後に、ちこちゃんの病院に連絡しました。

いっぱいかわいがってくれた看護師さんが、電話口で泣いてくれました。
私も泣かないように頑張ってたけど思わず号泣。
ちこちゃんを33回もトリミングしてくた看護師さんでした。
長いお付き合いの中で、私もちこちゃんもその言葉に何度も心が救われました。
泣いてくれたことが本当に嬉しかった。

18時にパパさんが帰宅。
ちこちゃんをすぐに抱っこしました。

そうすると、ちこちゃんはさらに笑顔になったような気がします。
嬉しそうでご満悦なお顔でした。

DSC_9837-1.jpg

パパさんにあえたね、ちこちゃんよかったね


涙は止まらないけれど、ちこちゃんが隣でずっと笑っています。
「泣かないでよ、お母さん」
そう言ってるようです。
ついついこのお顔を見ると私も泣きながらも笑顔に。

DSC_9839.jpg

最後の最後まで優しいちこちゃんです。

DSC_9840.jpg

にせパパさんもママさんもありがとうね


4日前の事なのに
忘れたくないのに
辛い記憶を消そうと脳が勝手にぼんやりとさせようとしています。


心臓闘病期間 6年
腎臓の闘病期間 2年と7か月

本当に本当によく頑張りました。
いつの間にか老犬になるまで長生きしてくれました。
やれるべきことは全てやっと思います。
延命治療を止めるときは、ちこちゃんがちゃんと教えてくれました。

一緒に頑張って、一緒に笑って、一緒に泣いて
一緒に手をつないでゴールテープを切ったと思います!

悔やむことは今はありません。

正々堂々と
「精一杯頑張ったよ!!!!」って声を大にして言えます。

悲しいし、寂しいけれど、
ちこちゃんの生き様
生きぬく強さ
諦めない心
最後の大きなお口のお顔が物語っていたと思います。

幸せだった16年間。
ちこちゃんもそう思ってくれていたら嬉しいな。

7日はお家でゆっくりと
8日にお別れを言います。

その様子はまた次で。

今までたくさんの応援、励まし、あたたかいお言葉、お祈り、
本当にありがとうございます。
皆さんの力も大きな支えでした。
ブログを通して7年間、ちこちゃんをかわいがってくれてありがとうございました。
ちこちゃんのおかげでたくさんの方と出会えました。
ちこちゃんは天国に行ってしまいましたが、
これからも私の心の中で、
みなさんの心の中で、
ずっと笑ってくれていると思います。

本当にありがとうございました。
ちこちゃんとのお別れもぜひみてあげてくださいね。

コメントのお返事は、ゆっくりゆっくりお返しできる時まで
もう少しお待ちください。
お一人お一人に返せないかもしれませんが、その時はごめんなさい。
ちゃんと心をこめて読ませていただきますね。

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちこちゃんへ

ちこちゃん、おはようございます(*^_^*)

もう泣かないって、泣くものか!!
って決めたけど駄目だった。。。
でもねちこちゃん、ちこちゃんママさん、
ちこちゃんが天使になったことが悲しくて涙が出ている訳じゃなくて、もちろん悲しい、どんな思いをしながら過ごしているのかとママさんの気持ちを考えると苦しくて仕方がないけど、
でも悲しいんじゃなく、ちこちゃんは本当に本当に素晴らしい!!ママさんも本当に素敵!!
そう思って感動した涙です。

最期の覚悟をしている全国の飼い主さん達、
まだまだ闘っている子達、
何もわからないまま日々を過ごしているよりも、
最期に後悔しない動きが出来ると思います。

中には辛くて読めない人もいるでしょう、
それはそれでいいと思います。

でも、ちこちゃんとママさんのラストスパートは本当に本当に素晴らしいと思います!!
ちこちゃんは強く生き抜いたし、ママさんは本当に出来ることを全てやってあげたと。そして魂が抜けてしまった後、殆どの方は取り乱すと思います。それなのに、ママさんはちこちゃんのことを思って綺麗にしてあげて、
本当に言葉にしきれないほどです。

後悔しない、全てを全うしたと思います。

幸せな最期を迎えたちこちゃん、
幸せな最期を迎えさせてあげられたママさん、
本当に本当にお疲れ様!!
お二人には尊敬しかありません。

ちこちゃんは、目に見える形が違っても、
聞こえなくても、触れられなくても、
ママさんが必要としている時には必ず側にいてくれてますよ(*^_^*)

今日は澄み渡る青空です。

無理に前を向こうとせず、時が流れるまま、
どうか穏やかに。

ちこちゃんもそう思っていますよ(*^_^*)

ちこちゃん、ちこままさん、お疲れ様でした。本当によく頑張りましたね。ちこままさんは最高の看護師さんで最高のお母さんです。
そしてちこちゃんの笑顔‼️最後にまた奇跡を見せてくれました。
ちこままさん、素敵なブログをありがとう‼️ちこちゃん可愛い笑顔をありがとう‼️
沢山の奇跡をありがとう‼️

No title

最期のお口ぱくぱくは「おかあさん、眠らせて」
でもあるし「おかあさん、ありがとう」でもあるような気がします。
最期まで可愛いお顔を見せてくれて、ありがとう。
ちこちゃんの人生が幸せだったと
その可愛い笑顔が教えてくれて、
悲しいけれど少し心が落ち着きました。
ちこちゃん、ありがとうございました。
ご冥福を心からお祈り致します。
非公開コメント

プロフィール
ちこちゃん...マルチーズの女の子  2000.5生まれ  本名   もっち    体重 2.5㌔  食いしん坊で甘えん坊。 自分を人間だと思ってる。 心臓のお薬飲んでます。 2013年に慢性腎不全に。 今は毎日お家で皮下輸液治療をしています。 2016年6月6日 16歳でお空に旅立ちました。
https://blog-imgs-44.fc2.com/c/h/i/chiko0513/20110515013743e45.jpg

ちこまま

Author:ちこまま

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
チクチクのお店を開いています。写真をポチットな。↓↓↓↓↓↓ お花見
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。