ちこちゃんお別れの準備

ちこちゃんの笑顔を見てくれてありがとうございます。
たくさんの方がちこちゃんの頑張りと安らかなお顔を見てくれました。

ちこちゃんも
「頑張ったでしょ!かわいいでしょ!わたし」って喜んでいます。

今日はちこちゃんとのお別れの準備を綴りたいと思います。
たくさんのお花に囲まれて、お姫様みたいになったちこちゃんです。
よかったらお顔を見てあげてください。

もし辛い方は無理しないでね。
でもね...すっごいかわいいよ!


ちこちゃんが天使になって、次の日はお家でゆっくりと。
8日にお葬式の予約をしました。
冷たくなったちこちゃんを温めたい衝動にかられ、パパさんに怒られながら
手をつないで少しだけ眠ることができました。
この何日かかなりな寝不足だけど、不思議と眠くありませんでした。
本当にこんなに冷たくなっちゃうんだね...とショックでした。

でもちこちゃんはあいかわらず笑っています。

DSC_9843.jpg

朝にベッドごと抱っこして、青空を見せました。
今にも起きそうな錯覚さえしました。

ちこちゃんの先生から電話をもらいました。

「ちこちゃんよく頑張ったね」ってほめてもらいました。
そして「お母さんもよく頑張った」って私にも言ってくれました。
この半年は、直接ちこちゃんを連れて病院に行くことはなく、
私が病院に電話して、先生に相談。
お薬や注射を処方してもらって取りに行く形をとっていました。
検査もせずに、私の伝える症状で判断するのは、先生にもかなり無理を聞いてもらっていました。
それでも先生はいつも優しく、ちこちゃんが苦しまないように一緒に考えてくれました。
こんなに親身になってくれる先生との出会いで、
ちこちゃんはこんなに長生きできたと思います。
一緒に不安な私の心も救ってくれました。
先生と私が望む形で最期を看取れたことに、電話口で一緒に長い戦いを
終えたねと称えあえました。
ちこちゃんの症状で年単位で頑張った子は稀だったと言ってくれました。
本当に優しい先生と素敵なスタッフさんに恵まれて、16年幸せ者でした。
病院の皆様、本当にありがとうございました。

お昼
母と姉が来てくれて、ちこちゃんにお別れを言ってくれました。
2人とも笑って眠るちこちゃんを見て、会っておいてよかったと思ったようです。
「頑張ったね」ってなでなでしてくれました。
同い年の愛犬と暮らす姉にはちょっと辛かったと思います。
それでも夜勤明けで寝ずに札幌から来てくれました。
ちこちゃんも嬉しかったね。

この日の我が家は電話とピンポンのラッシュ。
お友達やツイ友さん
動物病院のスタッフさん
動物病院の元スタッフさん
花キューピットのお花がたくさん届きました。
途中はお花屋さんの行列が玄関にできたほど。

DSC_9851.jpg

DSC_9903.jpg

みるみるうちに、ちこちゃんはお姫様になっていきました。
たくさんのお花に囲まれて、とっても幸せそうでした。
本当に皆さんありがとうございます。
ちこちゃんを思って選んでいただいたお花。
どれもちこちゃんらしいかわいい色のお花でした。
ちこちゃんの似合うピンク
ちこちゃんとの思い出ひまわり
私の好きなガーベラ、あじさい。

DSC_9864.jpg

mさん

DSC_9865.jpg

pさん

DSC_9866.jpg
 
動物病院のみなさん

DSC_9867.jpg

動物病院の元スタッフさん

DSC_9868.jpg

Sさん

DSC_9869.jpg

お姉ちゃんと姪っ子ちゃん

DSC_9932.jpg

M子さん

DSC_9933.jpg

Cさん

こんなにたくさんいただけるなんて、ちこちゃんはたくさんの人に愛されてたんだなと実感しました。
お花が届くたびにちこちゃんに見せて泣いていました。

お葬式の前にぎりぎり2つ届き、
ちこちゃんを1周するほどのお花になりました。
お姫様、本当に幸せです。

DSC_9903.jpg

DSC_9900.jpg


夕方にはちこちゃんが赤ちゃんの頃からかわいがってくれた私の友達も顔を見に来てくれました。
玄関を開けた時から泣いてくれていました。
友達の家を我が家のように歩くちこちゃんを思い出したり、
父の葬儀の時に無理を言って預かってもらっときの話。
人見知りのちこちゃんが唯一心を許していた友。
いっぱい泣いてくれてありがとうね。
ちこちゃんがなくなる2日前、急に胸騒ぎがして連絡をくれました。
ちこちゃんも会いたかったのかもしれません。

さらにパパさんのお姉ちゃんも、姪っ子ちゃんも来てお別れを言ってくれました。
お姉ちゃんも一緒に泣いてくれました。
姪っ子ちゃんもお年頃だからあまり泣いたり出来ないかもだけど寂しそうになでなでして
いました。

気が付くともう夜の7時。
ちこちゃんと最後に大好きだったお鍋を食べました。
雑炊もあげました。

明日の葬儀の用意をしなくちゃいけません。

ちこちゃんに書いたお手紙。
具合が悪くなって連休明けから毎日書いていたお手紙。
便箋がちょうどなくなる日にちこちゃんは天使になりました。
一生懸命一緒に頑張った記でした。
パパさんにもメッセージをかいてもらい、それは読まずに封を閉じました。
パパとママと一緒に撮った写真も入れました。

DSC_9861.jpg


ちこちゃんの遺影もおびただしい数の写真から選ばなくちゃならなくて、
プリンターで印刷しながら二人で悩みに悩みました。
やっぱり笑ってるお顔がいいねと、ツイッターのアイコンで使ってるものにしました。

ちこちゃんのプニプニの肉球もいっぱい触りました。
大好きだったボールを持たせました。

DSC_9849.jpg

DSC_9862.jpg

明日でお別れなんて寂しい
眠ったままでもいいからこのまま一緒にいたい。
あと何日かでもいいから伸ばしたい。
子供のようにダダをこねる私を、パパさんは冷静に受け流してくれました。

DSC_9863.jpg

DSC_9884.jpg

こんなにかわいくて、こんなにふわふわ。
こんなに笑ってるんだよ。

でもね、それはやっぱり無理なんだよね。
魂はもうお空にいったんだもんね。
なんとかそう言い聞かせることにしました。

明日はとうとうお別れです。
寂しい、怖い、嫌だ、いやだよ...

ダメダメなお母さんな私でした。

読んでいただきありがとうございました。
お別れも綴りたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール
ちこちゃん...マルチーズの女の子  2000.5生まれ  本名   もっち    体重 2.5㌔  食いしん坊で甘えん坊。 自分を人間だと思ってる。 心臓のお薬飲んでます。 2013年に慢性腎不全に。 今は毎日お家で皮下輸液治療をしています。 2016年6月6日 16歳でお空に旅立ちました。
http://blog-imgs-44.fc2.com/c/h/i/chiko0513/20110515013743e45.jpg

ちこまま

Author:ちこまま

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
チクチクのお店を開いています。写真をポチットな。↓↓↓↓↓↓ 1ドールハウス冬