ちこちゃんとのお別れ

ずっと読んでくれてありがとうございます。

今日でとうとうちこちゃんとお別れの時が来ました。
自分で書いて、自分で泣いて...
辛いけど、ちこちゃんの笑顔が私の背中を押してくれます。
いつもブログを書いているときは、隣で見ていてくれました。
きっと今も隣に座って
「泣いちゃダメだよ」って言いながら応援してくれてることでしょう。
ね、ちこちゃん。

2016年6月8日水曜日

ちこちゃんとのお別れの日が来ました。
亡くなったことも悲しいけれど、ちこちゃんにふれられなくなるのも辛い。
このままお家でずっと眠っててもいいから側にいてほしい。
心からそう思いました。

でも、ちこちゃんをお空に返さなくちゃ。

ふたりで早起きして、ちこちゃんと一緒にいられる時間を1分でも多くとりました。

DSC_9871.jpg

ちこちゃんの周りにいっぱい思い出の物を飾りました。
今までいただいたカードやお守りも置きました。

DSC_9872.jpg

大好きだったおもちゃも、大好きだったカバンも側におきました。

DSC_9877.jpg

ちこちゃん
ブラシかけたら毛がフワフワだね
気持ちいいよ。

DSC_9881.jpg

ちこちこちゃんともお別れです

DSC_9883.jpg

ちこちゃんは名札を付けています

DSC_9879.jpg

具合の悪い中、1日だけいつもの席に座りたいと言った時に一緒に作ったものです。
ふと思いついて、ちこちゃんが迷子にならないように、みんなに「ちこちゃんだ」ってわかるように
持たせてやりたかった。
作ってって言っていたかのかな?
似た子がたくさんいるもんね。
天国にいる父もこれでばっちり迷わないでちこちゃんを抱っこしてくれるね。

裏を返すと

DSC_9878.jpg

ちこちゃんの本名は「もっちー」
ちこちゃんは私がつけたニックネームでした。
ブログやツイッターではちこちゃん、ちこちゃん言ってる私ですが、
本当は
「もっち」「もっちゃん」って呼んでます(笑)
いまさらですが...もっちと私の二人だけの秘密。
でも、ちこちゃんって呼ぶ時もあり、
いつでもどれでも来てくれる優しい子でした。

桜の形の名前をつけている子がいたら、「もっち」って呼んであげてね

DSC_9876.jpg

朝1番にお庭のお花も摘みました
ちこちゃんと一緒に見ていたお花も一緒に入れたかった

DSC_9875.jpg

みなさんからいただいたアレンジのお花からも少しずついただいて持っていきました。
私と母はひまわりをメインにしたブーケにしました。

DSC_9884.jpg

ちこちゃんとの思い出のひまわり畑です

DSC_9888.jpg

お家でゆっくりお別れを言えました

DSC_9891.jpg

本当に眠っているようです。

この日なって、ちこちゃんの毛がふっわふわになりました。
お風呂上りのようなフワフワ感。
匂いもいつものちこちゃんの優しい匂い。
こんなにふわふわなのに荼毘にしちゃうのが悲しいです。

DSC_9887.jpg

ずっと私とパパさんの手、これからも握っててね

DSC_9892.jpg

ちこちゃん

DSC_9894.jpg

もっち

DSC_9899.jpg

最後に私もパパさんもちこちゃんを抱っこしました。
昨日まではピンとなっていた体が、硬直がとけてやわらかくなっていました。
冷たさも少し緩和されていました。
やわらかい感触と重みを手のひらいっぱいに感じました。

DSC_9900.jpg

DSC_9903.jpg

葬儀場ではきっとあっという間にお別れがきちゃう。
他人もいるし...
ゆっくりお家でお別れ会をしてよかったです。
抱っこできてよかった。

10時半からの葬儀。
さぁ、そろそろ行こうかと思った矢先。
パパさんが急に慌ててデジカメを持ってウロウロしだしました。
「3人で写真撮りたい!」
今まで散々「俺はいい」って言っていたのに...
もう時間なのに三脚を用意しだして撮ろうとしたら、デジカメの充電がきれました。

パパさんは涙を流さない人で、悲しいとかあんまり言わない人なんです。
今回も涙は出ませんでした。我慢しちゃう。
でもね、悲しいに決まってるんです。
その慌てぶりが物語っていました。
時間にまじめすぎる人なのにね。
そのおかげでちょっと遅刻しました。

葬儀会場は家から30分ほどの道内最大級の施設
「ベルコット」さん

DSC_9904.jpg

とても優しく、親切でした。
持っていったリンゴや桃、ちこちゃんの好きなどら焼きやお饅頭もきれいに
食べやすいように用意してくれました。
おもちゃも服もちこちゃんの側においてくれました。

「用意が終わりました」
と、出てきたちこちゃんは

DSC_9906.jpg

お庭のお花を持って出てきました。
お花の耳飾りもしています。
何も言わずに渡したのに、お庭のお花を持ってる姿を見て泣き崩れました。
小さなブーケだったからかな。
本当に嬉しかった。
すごくすごくかわいかった。

DSC_9908.jpg

お数珠とお守りも持たせました。
ちこちゃん、気を付けて行くんだよ

DSC_9907.jpg

お手紙にはパパとママの写真も入ってるからね。
ずっと一緒だからね
3人だけの時間を作ってくれたので、いっぱいなでなでしていっぱいチュってしました。

DSC_9909.jpg

最後のお別れに持っていったお花で全部ちこちゃんの周りを飾りました。

お空に持っていたものは
私が作ったパジャマ、大好きだったボールとスポンジ、お菓子と果物、
お守り、お手紙と写真、数珠
たくさん持たせていいよと言ってくれました。

最後にお水でお口を濡らしてあげて、桃もお口に付けました。
目の前には小さい時に盗み食いした大好きなお饅頭を1個そのまま置きました。
好きなだけ食べていいからね。
泥棒ひげになっても笑わないからね

DSC_9910.jpg

たくさんの大好きだったものに囲まれて
ちこちゃんは笑顔で旅立っていきました。
最後にちょっとだけ目を開けていました。
パパとママのお顔見えたかな?
本当にかわいいかわいいお顔でした。

思い出しただけで涙が止まりません。
辛かった。
本当に悲しかった。

パパさんといっぱい名前を読んでお別れしました。
手を振りました。
振り返るとパパさんが泣いていました。

さようなら、ちこちゃん。
16年間一緒にいてくれて本当にありがとう。
最後までよく頑張ったね。
私達は幸せだったよ。
いつかまた3人で一緒に暮らそうね。

ちこちゃんは私が泣くといつも側にきてくれました。
父が亡くなった時も
子供を授かれないとわかった時も
「お母さん私がいるじゃない」と泣いてた私の背中にピタッと寄り添ってくれました。
ちこちゃんは私達の子供でした。

だから泣いてばかりじゃ心配しちゃうよね。
ごめんね、ちこちゃん。

ちこちゃんの安らかな笑顔は最後にくれたプレゼント。
泣いちゃダメだよってきっと言ってくれてるんだと思います。

もっち、かわいいかわいい笑顔ありがとうね。

DSC_9913.jpg

ポツン、ポツン
待ってる間雨が降ってきました

ちこちゃんは最後まで可憐で美しかったです。
しっぽの先の先まで
おてての先の先まで
きれいなお骨でした。
きゃしゃな体、乙女な姿でした。

ちこちゃんを抱いて最後にドライブしました。
半休だったパパさんが会社に言って休みに変えてもらいました。

DSC_9916.jpg

去年の夏、ちこちゃんと最後にドライブしたアイス屋さんまで行きました。

ちこちゃん、覚えてる?
アイス、おいしかったよね。

DSC_4051.jpg

DSC_4079.jpg

DSC_4096.jpg

お土産のアイスも買って
一緒にお散歩したところを抱っこして歩きました。

DSC_9920.jpg

また雨がポツポツ

車に戻ると
ザーッと降ってきました。

DSC_9922.jpg

ちこちゃんは今日もお花に囲まれて

DSC_9925.jpg

笑っています。

いつかくるとはわかっていても、やっぱり想像以上の悲しさでした。
はじめてのわんことの暮らし、はじめてのお別れでした。
心に穴が開いたのか、かなりな虚無感です。
でもね、そんなの当たり前。
16年一緒にいたんだもん。
愛していた証拠です。
ゆっくりゆっくり、時間をかけて前を向いていきたいと思います。
無理はしないで、ゆっくりゆっくり。

ペットと暮らしてる方のなかにも、私のようにいつか来るお別れが怖くて不安の方も
多いともいます。
とても悲しくて辛いけど、今は今の時間を楽しんでください。
元気な時はいっぱい一緒に遊んでください。
無駄吠えだっていたずらだって懐かしく楽しい思い出になります。
シニアになったらいっぱい一緒に寝てください。
なでなでしながら側にいるだけでかけがえのない時間になります。

私は後悔がないから、それだけでもかなり救われています。
救ってくれるのは愛する我が子だという事。
そうなれるように願っています。
怖がらないでください。

このブログが誰かの役にたてれば私もちこちゃんも嬉しいです。

何日かにわたってしまってすいません。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

このブログ
「ちこちゃん七色ぽっけ」
今のところこのまま続けていくつもりです。
ぽっけからまたひょっこりちこちゃんが顔を出す日もあるかもしれません。

ブログを通してたくさんの方と出会えました。
ちこちゃんのおかげです。
今までいっぱいかわいがってくれて本当にありがとうございました。
長い間、本当に本当にありがとう。
ちこちゃんも私達も幸せでした。
皆さん本当にありがとう。

最後に心からの感謝をこめて

ちこちゃん、ちこままより



DSC_9656.jpg

(2016.5.30 お家でちこちゃんと一緒に撮った最後の写真)
スポンサーサイト

5月終わりから拝見させて頂いてました。
どの写真のちこちゃんもとても可愛くて、ママさんの愛情が切ないほど伝わってきて
どうにも涙が止まらなくて。。。
我が家も初めてのワンコで、想像以上の可愛さで
お別れを想うだけで、怖くて泣けてきます。
我が家も後悔しないように、たくさんたくさん可愛がって育てますね(*^^*)
ちこちゃんのように幸せワンコになれますように。
お辛いなか、素晴らしい記事をありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。Twitterをみてはじめてここにたどり着きました。
お悔やみ申し上げます。
ペットロス本当に辛いですよね
うちも5年前に猫を亡くして今でも辛いです
ところで北海道とのことでベルコット霊園とは奇遇ですがウチの猫もそちらにお世話になりました。
ベルコット霊園では亡くなったお子様のお骨とパワーストーンでケータイストラップを作ってくれます。
もしずっと一緒に~と思ってらしたらお骨をベルコットさんに連れて行ったら作って頂けますよ。
ママさんの言葉を自分の猫の事を思い出して泣いてしまいました。
でも最期まで愛されたちこちゃん喜んでますよ😃

No title

辛い時に、・・・

読み進みながら、前のワンコの時を重ねていました。
タオルが涙でびっしょりです。
ちこちゃん、虹の橋わたったかな。

今にいるわんこも12歳、一緒にいる毎日を大切に過ごしたいです。

涙が止まらない

ちこちゃん、もっち。
微笑んだ優しい顔が可愛すぎて涙が止まりません。
お花の形の名札つけてもらったね。
可愛くて似合ってるよ。
僕の愛犬とウサギのちろこに、ちこちゃんのこと伝えておくね。
是非お友達になってやってください。

ママさん、パパさん、言葉にならない喪失感だと思います。
今は泣いて泣いて泣いて。。。
僕はそれでいいと思います。
ただ、食事をちゃんととってください。
そして、睡眠時間もしっかりとってください。
お願いします。
優しいちこちゃんのことだから、ママさんとパパさんを見守ってくれてると思います。
ちこちゃんのこと、ずっと忘れない。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ちこちゃんのふわふわな身体を
神様にお返しする日が来てしまいました。
先日亡くなったキートスの時と重なり、また涙涙・・です。

今はたくさん泣いて泣いて泣いて下さいね。
本当にお辛い時なのにご様子をお知らせ下さり
ありがとうございました。
ブログを通じてワタシもお別れを言わせて頂けました。
どうかお身体ご自愛下さいね。
可愛いちこちゃんのこと、ずっと忘れないよ。

はじめまして。
影ながらブログを読ませて頂き、応援させて頂いてました。

ちこちゃん、本当に頑張って生き抜いてましたね。
もっともっと一緒に居たい気持ちだったんでしょうね。

実は今朝、ワタシの愛犬クリスが急死してしまい、まだ信じられないです。
いつも居た場所に居ない寂しさで苦しいです。

突然食欲がなくなって病院に連れて行って、検査入院した矢先でした。
きっとギリギリまで我慢して頑張っていたんだと思うと、胸が締め付けられる思いです。

クリスは、お空でちこちゃんと会えたかな…

ちこちゃん、とってもとっても可愛い天使さん。
沢山の愛情に包まれてお空に昇って行ったのですね。
左手にちこちゃんのぬくもりを感じながら書いたちこままさんのブログ。私のお気に入りはひまわりの記事と亡くなったお父様にお供えしたおまんじゅうのエピソード。悲しい中にも暖かい笑いをもたらしてくれたちこちゃん。大好きなちこちゃん。お空からちこままさんを見守ってくれていますね。
これからも無理をしないで気が向いたらまた更新してくださいね。
初めて見たちこままさんのお顔、美人さんですね〜。

No title

はじめまして。
twitterで知り、こちらにやってきました。

ママさん、お辛い中、記事を書いてくださり、
ありがとうございました。

愛犬とのお別れは、想像している以上に辛いものですよね。
我が家も2度経験しています。

ちこちゃんの寝顔、とっても可愛いですね。
お別れが、うそのようなきれいなお顔でした。

しばらくは、何も考えられないでしょうが、
お身体だけには、気をつけて、しっかり食べてくださいね。

ちこちゃん、本当にありがとう。
ママさん、パパさん、ありがとうございました。

No title

愛の溢れたブログ。。。辛い中での投稿、しっかり読ませて頂きました。

ちこままさんと私、たぶんものすごく似ています。

お家の感じ、境遇、きっと年齢も近い。

私も結婚して13年、子供には恵まれず今は保護猫ちゃん5匹と旦那さんとで仲良く暮しています。

もともとマルチーズを飼っていたのでまた 飼いたくなりました。

大変なこともたっくさんあるけれど、楽しい思い出の方が遥かに多いです。

ちこままさんもこれからは、幸せな思い出と共にちこちゃんがずっとそばにいてくれると思います。

これからもたくさんの作品を作ってくださいね!
楽しみにしています。
非公開コメント

プロフィール
ちこちゃん...マルチーズの女の子  2000.5生まれ  本名   もっち    体重 2.5㌔  食いしん坊で甘えん坊。 自分を人間だと思ってる。 心臓のお薬飲んでます。 2013年に慢性腎不全に。 今は毎日お家で皮下輸液治療をしています。 2016年6月6日 16歳でお空に旅立ちました。
http://blog-imgs-44.fc2.com/c/h/i/chiko0513/20110515013743e45.jpg

ちこまま

Author:ちこまま

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
チクチクのお店を開いています。写真をポチットな。↓↓↓↓↓↓ 1ドールハウス冬