ちこちゃん奇跡の日から1年

去年の今日5月20日。

前の晩、夜ご飯を食べたちこちゃんは、咳をしだし、時間がたつにつれ肩で呼吸を

して息が荒くなっていきました。

ちょっと調子が悪かったのでお昼には病院に行ったけど原因がわからず...

夜間に診てくれる動物病院は私の街にはなく、ソファで苦しそうなちこちゃんを

抱きしめ、朝が来るのをじっと待ちました。

すぐ病院へ行き、症状を見た受付の看護婦さんが顔色を変えすぐ診察に。

ちこちゃんは、私の腕から酸素室へ運ばれていきました。

レントゲンの結果、肺水腫をおこし肺が真っ白。

ここまで悪化すると、お昼までもつかどうかわからないと、覚悟する時がきました。

酸素室からは出せないけど、最後に抱かせてくださいと泣いてお願いして、

もしかして、これでお別れ...

「ちこちゃん、ありがとう」

私の顔を見ると、出してほしいのか咳が激しくなり、苦しそう。

「ちこちゃん頑張って」って言えなかった私。

夕方がやま。

ところが、ちこちゃんは一人で頑張っていたのです。

肺にたまった水をおしっこで大量にだし、咳も少なくなり、もしかして助かるかも!

朝までもったら、大丈夫かもしれない!

そして、ちこちゃんは奇跡的に一命を取り留め、一時帰宅から1年そのまま

一緒にいます。

今日は、ちょうど1年の検査。結果は異状なし。

先生は当初「1年は生きてる子がいるから」って言ってたんだけど、

今日は「もっともっと長生きしようね」って言ってくれました。

ちこちゃんのために「責任を感じる」と徹夜で看病してくれ、何度も何度も不安な私を

助けてくれた先生。本当にありがとうございます。

心臓のお薬ははなせないけど、ちこちゃんの強い生命力を信じて、

これからもずっと一緒にいようね。

詳しくはこちら↓

2010年の日記

原因はこれかも前日の日記はこちら↓
 
心臓が悪くなった兆候

IMGP3506.jpg

いつかまた、こういう時が必ず来るんだと...

あの時覚悟はしたけれど、その時が怖いです。

病院から離れないで、駐車場でもなんでも近くにいようと今は思います。

やっぱり最期は抱きしめてあげたい。

今年もチューリップがきれいだね、ちこちゃん。

スポンサーサイト

No title

ちこちゃんの、生命力はすごい!
まだまだ、まだまだだよ~!

私も「同じガンで、8年も、生きてる人いるから」といわれて、そのときは、「も」 が ひっかかたけれど、8年はすでに、経過しました~。まだまだですよぉ~。

ぴょんさんへ~ちこちゃん

早いもので1年です。
あの時は、モモちゃんも虹の橋から応援してくれてたんだよね。
モモちゃん、また見守っててね。

そんなのを感じさせないくらい、家では元気にしてます。
お散歩はちょっとだけしか歩けないんだけどね。

ぴょんさんは、まだまだ!大丈夫です!
病気なんて寄せ付けない運をもってるんだよ!
生きる力、強しです!
非公開コメント

プロフィール
ちこちゃん...マルチーズの女の子  2000.5生まれ  本名   もっち    体重 2.5㌔  食いしん坊で甘えん坊。 自分を人間だと思ってる。 心臓のお薬飲んでます。 2013年に慢性腎不全に。 今は毎日お家で皮下輸液治療をしています。 2016年6月6日 16歳でお空に旅立ちました。
http://blog-imgs-44.fc2.com/c/h/i/chiko0513/20110515013743e45.jpg

ちこまま

Author:ちこまま

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
チクチクのお店を開いています。写真をポチットな。↓↓↓↓↓↓ お花見